おぐらびーつ雑記

おぐらびーつの備忘録的な。遊び、暮らし、飯。オタク。

今更ながら何で僕が小倉唯さんのことを好きなのかまとめてみた

小倉唯さん、好きです。

こんばんは。おぐらびーつです。

主に群馬県でアニソンDJをしてます。声優の小倉唯さんが好きです。

DJを始めたころから毎プレイ1曲は声優の小倉唯さんが歌唱する楽曲を掛け続けているわけで、なぜかと言うと小倉唯さんが好きだからです。

ただ、以前から「何で好きなの?どこが好きなの?」と聞かれても、「好きなものは好きなんじゃい、そこに理由なんていらない」というクソみたいな回答しか持っておりませんでした。(本当に好きなのか?)(好きです)(大好きです)

平成もそろそろ終わることですし、平成で一番好きになった好きな人の好きな理由をバシッとまとめた平成で一番気持ち悪い記事を書きたいと思います。

 

 

 


小倉唯さんとの出会い

※自分語り的なところがあるので読まなくて良いです。

これは記憶が正しければ2010年のテレビアニメ『kiss × sis』が最初だったと思います。その頃僕はアニメ弱小地方に住んでいたのでYoutubeに違法アップロードされていたアニメを見まくっておりました(今はしてません。ダメ絶対違法視聴。)

で、『kiss × sis』のED曲「Our Steady Boy」を歌っていたのが小倉唯さんと石原夏織さんのユニットゆいかおりだったわけです。

めっちゃ声可愛いな~って思って色々調べていく内に声優さんに興味が出てきた、という感じでした。

小倉唯さんとの出会いは演じてるキャラクターとかではなかったですね。

この時点で小倉唯さんのことを今程好きだったか?と言われるとそうでも無い気がする。

 


小倉唯さんを好きだと気づいた

※自分語り的なところがあるので読まなくて良いです。

2011年。それは突然やってきました。

ロウきゅーぶ!
→袴田ひなた(CV.小倉唯

神様のメモ帳
→アリス(CV.小倉唯

2011年、小倉唯元年とも言わんばかりに小倉唯さんがメインキャラの役に抜擢される声優・小倉唯が本格的に始動した年。
上記2キャラが僕の性癖にドンピシャだった。それだけのことです。

小倉唯さんの可愛らしく一度聞くと耳から中々離れない声の虜になりました。
小倉唯さんのビジュアルも僕の性癖にドンピシャだったのでさらに好きになりました。思い返せばこの頃から東京進出を決めていたような気がします。

ただこの頃から小倉唯さんへの想いに反比例して僕の成績はガンガン落ちていきました。中学時代学年で1位を取るくらいだった僕の成績。高校時代は下から数えた方が早いくらいの成績へと落ちていくのでした。まる。

そして僕が群馬の大学に進学した2012年(この年が一番アニメを見ていた)
関東に来たことで、民放のチャンネル数が圧倒的に増えたわけですね。
そして一人暮らしを始めてしまったために深夜遅くまでアニメを見て朝寝るという生活を繰り返し、大学を半期留年したりもしました。

この頃見たアニメは好きなCV.小倉唯のキャラクターがさらに増えました。
さらに一番好きな声優ユニットこと『StylipS』がバンバンアニメタイアップ曲を歌っていました。STUDY×STUDY、TSU・BA・SA、MIRACLE RUSH、Choose me♡ダーリン・・・。

そして2012年には小倉唯さんアーティストとしてソロデビュー。

カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜』のED曲「Raise」。

小倉唯さんを始めて知ったOur Steady Boyロウきゅーぶ!の楽曲等々からはガラッと変わったかっこよく、大人びた曲調。

www.youtube.com

これを16歳の可愛い女の子が歌ってるんですよ?
好きになっちゃうでしょ。
あと、CDジャケットの「赤と白」の大人っぽいコントラストなのに!小倉唯ちゃんの!顔が!ちょっと幼くて!可愛い!!!!!

今でも好きなCDジャケットBest5に余裕で入ります。
額縁に入れて飾っておきたい。

カップリングの『PON de Fighting! 』は対照的にポップでキュートな『見たままの小倉唯ちゃん』を彷彿とさせる曲になっててこれも凄く良い。

『Raise』、平成屈指の名盤です。

 

とりあえず僕と小倉唯ちゃんの馴れ初め、恥ずかしいのでこのあたりまでで良い?

 


小倉唯ちゃんの好きなところ

声優として、というか小倉唯ちゃんを一番最初に認識したきっかけが歌声だったわけで、これ好きじゃなかったら嘘じゃん。

可愛らしい~声がドンピシャなんですよね。
それこそ袴田ひなたとかシャルロット・イゾアールとか挙げたらキリないんですが。

少し舌っ足らずな喋り方のせいか、幼い女の子の役がめちゃくちゃハマる23歳の(今年24歳になられる)小倉唯さん、最強か?

顔。って顔面が好き!!!!!!!!!!!って話ではなくて。

小倉唯ちゃんってどんな表情をしてもハマるんですよね。
どんな表情もめちゃくちゃ可愛い。たぶん怒っても可愛いんだろうな。怒られても可愛すぎてニヤニヤして余計怒られるのでは。って想像しただけでニヤついて気持ち悪い表情になってきたのでやめます。

勿論顔面も好きです。

 

がんばりやなところ

ライブとか見てるとヒシヒシと感じるんですけども、並大抵の努力じゃここまでのパフォーマンスは出来ないだろうなぁと思わされます。

声優としても年々演技の幅も増えてきていて大人の女性だったりかっこいい女性の役もばっちり演じられているように思います。贔屓目みたいなところはあるかもしれませんが。
小倉唯ちゃんは23歳とまだまだ年齢的には若手なのでこれからももっともっと成長していくんだろうなぁと思うと楽しみで仕方ありません。

小倉唯ちゃんを応援することが少しでも彼女の成長の糧、みたいなものになっていたらいいなって思いながら今日も過ごしてます。

 

ラジオとかLINE LIVEで見せるちょっと抜けたところ

しっかり者で真面目ってイメージが先行する唯ちゃんですが、ラジオとかLINE LIVEではちょっとプライベートな唯ちゃんを感じることができます。
たまにぼーっとしちゃったり。初めてのソロラジオのときは「一人で喋ってると呼吸のタイミングがわからない」と言って息継ぎしちゃうところとか。

ラジオだと「小倉唯yui*room」がradikoで聴けますので是非。
文化放送で毎週日曜24時半~25時。

RADIO | 小倉 唯 公式サイト -Yui Ogura OFFICIAL WEB SITE-


小倉唯ちゃんの好きな曲(?)

全部。

って言っちゃうとアレなので迷いに迷って僭越ながら5曲選ばせて頂きました。

Baby Sweet Berry Love

俊龍さん×小倉唯さんの楽曲で一番好きかも。
ガーリーな歌詞にポップな楽曲、そして小倉唯さんの超絶可愛い声。
掛け算しすぎて「可愛い係数」が留まるところを知らない。

www.youtube.com

MVも恋する女の子を演じる可愛らしい~~~~小倉唯さんに釘付けです。
MVの撮影地『ラ・ヴィータ 自由が丘』、ここだけ外国みたいな雰囲気で非常に良き。ここでアー写を撮ってもらいたい。

www.google.com

 

おぐらびーつも行きました。

 

f:id:ogurabeats:20190319181228j:image 

f:id:ogurabeats:20190319181344j:image

自由が丘の町並みも結構好きな感じなのでお散歩好きな人とか是非~。

 

ともだちピンク

小倉唯さんが演じるキャラクターのキャラソンで一番好きかもしれません。初めて聴いた時衝撃で気を失いそうになりました。

昨年末の小倉唯さんFCイベントでかなり久しぶりに聴いたのですが爆沸きして怒声を上げながら隣に座ってた方に思いっきりぶつかってしまいました。あの時はすみません。

Honey♥Come!!

可愛らしい振り付けとMVで一時期ずっと視聴しまくってました。
お陰でダンスフリコピまで漕ぎ着けました。
桐生アニ研でこの曲かけながら踊ってたらメンバーに気持ち悪いと言われたのが今でも印象残っています。僕は小倉唯さんにはなれないようです。

www.youtube.com


城下町のダンデライオン』というアニメのED曲なのですが、劇中歌のSearch Light(小倉唯さんと三澤紗千香さんのデュエット)という曲もめちゃ好きです。

ガーリッシュエイジ

上記「Honey♥Come!!」のカップリング曲。
ポップでダンサブルな曲調に乙女ちっくな歌詞。この曲のダンスも凄くかっこいいのdで、是非ライブ円盤だったり、可能であればライブで一度見ていただきたい。

www.youtube.com

別の曲なんですが、テイストというかコンセプト?が似ている、「ドキドキラビリンス」という曲のライブ映像が上がっていたのでこちらも是非。

www.youtube.com

最近のライブだとガーリッシュエイジとドキドキラビリンスはセットで歌われることが多いですね。ダンスナンバーであり、BPMも近くてお客さんのノリを維持しやすいみたいなところがあるんですかね。

これ以外にもダンスしながら歌ってるのに、ダンスナンバー2曲続けてキレッキレで歌う小倉唯ちゃん、凄い。

あと、この映像のドキドキラビリンスで着てるチャイナっぽい衣装の唯ちゃん、控えめに言って最高じゃないですか?

One Vision

ともだちピンク以外で好きなキャラソンと言えばこちら。
『咲』の園城寺怜というキャラクターのキャラソンで、ともだちピンクとは対照的にしっとりとした透明感のある曲で耳に小倉唯さんの声がスッと入ってきて非常に心地よいです。

 

もっとこう声豚06でかけたキャラソンだったりとか色々曲名出したいのはあるんですけど、敢えて出すならこのあたりかな~と。

「アレないとかニワカ乙」みたいな意見があればコメントとか僕のTwitterにリプライ送っていただければ幸いです。

個人的に今ぱっと思い浮かんだ5曲なので、次5曲あげろ!って言われたら多分また違った曲を選ぶような気がします。その時の気分に合わせて聴く曲を選べる多種多様な楽曲をお歌いになられている小倉唯さん、素直にリスペクトです。
作詞作曲レーベルその他沢山の方々に感謝しつつ、その楽曲をさらに素敵な作品へと昇華させてくれる小倉唯ちゃんに多大な感謝を捧げます。

 


おわり 

そういえば見出しの敬称が前半「小倉唯さん」だったのに後半「小倉唯ちゃん」になってるの今気づいたんですけど、これが僕の時が経つ毎に膨らんでいく唯への気持ちを表す『何か』であるかもしれないので直さずこのままにしておきます。

結局僕らが見ている小倉唯さんって声優としての一面に過ぎないわけで、そこだけを見て彼女をの全てを理解しているつもりは毛頭ございません。
が、「声優としての一面」だけでここまで人を魅了することができる小倉唯さんという存在はやっぱり偉大だし尊敬もするし好きになっちゃいますよね。

 

で、結局何が書きたいのかわからなくなってきたんですけど、この記事を書くにあたってずっと小倉唯さんのことだけ考えていられたのでソレだけで結果オーライだなぁと思うことにします。 

 

これからも1ファンとして『声優小倉唯を応援していけたら、と思います。

お付き合いいただきありがとうございました!

結論

小倉唯さんは最強。

・ 

僕がDJを続ける限り、必ず小倉唯さんの楽曲をかけ続けていこう。

一人でも多くの人に小倉唯さんの歌う曲を聴いて欲しいので。

 

でもアニクラとかだけじゃなくて、CD買って曲聴いてチケット買ってライブ行って生の歌を聴いてくれ。
頼む!!!!!!!!!

 

 

 

 


イベントに『小倉唯成分が足りない!』ということがございましたら是非おぐらびーつをお呼びください。そのイベントに最適な小倉唯さんの楽曲を選んでかけます。

DJオファーはおぐらびーつ (@OGURA_BEATS) | TwitterまでDMかogurabeats.dj@gmail.comまでお願いいたします~。